過払い金にも利息がつく

GUM11_CL01073.jpgのサムネイル画像過払い金は返却してもらうことも出来るのですが、払いすぎていたお金以上の金額を返却してもらうことも実は可能なのです。
なぜかというと、過払い金には利息がつくのです!
過払い金の利息は、過払い金を払ったそのときから適用されます。
消費者金融の高金利に苦しめられてきた立場から一転して、払いすぎたお金に金利をつけて返却してくれと請求する立場になるとは中々面白いものです。ちなみに、過払い金の利息は5%ですが、5%でも高額なキャッシングの際にはかなり金額に差がついてきます。

利息がつけば多くのお金を返却してもらえるのですから当然利息も請求したいところです。
しかしながら、この利息を取るかどうかという判断については中々難しいのです。
なぜならば、金融会社が過払い金を返却の際にこの利息を払うのを渋るのです。

「いやいや、あなたたち私から利息いっぱいとったでしょうよ」なんて言っただけでは金融会社も引き下がりません。
和解が成立しないと下手をすれば裁判に発展しまいます。


過去の判例をみますと、結局利息付きで返却することになったという判例が多くなっています。
しかしながら、裁判は時間がかかりますので、たくさんの時間と裁判にかかる費用が失われていくのです。
これを考えますと利息はとりあえず諦めて、払いすぎた過払い金だけの返却を請求しようかな、なんて考えも浮かんできます。

まぁ、どちらにしろ、決定権があるのは利用者の方です。
過払い金には金利が発生するのですから、それを請求する権利があるのは当然です。
弁護士などとも相談して、金利を請求することも視野にいれましょう。

更新日: