過払い金にも時効があった

あなたにも過払い金があるかもしれない。
と、法律事務所等々でテレビCMまで流してますね。

消費者金融から借金をして完済した方、借金を継続返済している方は、もしかしたら借金が戻ってくるかも?と思ったことと思います。
しかし、消費者金融からの借金に時効(時効の援用の手続きをしなければ時効とはなりません。)があるように、過払い金(不当利得請求権)にも時効があります。
過払い金の返還請求ができなくなるのは、最後の返済(取引)をしてから10年です。

ただし、同じ消費者金融から何度も借金しては返済を繰り返している方は注意が必要です。
過払い金は、継続的に返済している期間が長ければ長いほど多額になります。
なので、借りて完済して、また新たに契約をして完済してとなると、
基本契約の内容によって、過払いの計算が別々になり、全体を通しての過払い金の額より少なくなる可能性もあります。

例えば、平成14年にいったん完済して、また、平成15年に借入、現在も返済中という状態。
最初に契約した基本契約ではなく、平成15年に新たに契約をしてしまった場合、平成14年に完済した契約は別の契約となる場合があります。
つまり、平成14年に完済した分は10年の時効を迎えていて過払い返還請求ができなくなるということになります。
しかし、平成15年に継続してお金を借りた場合は、平成14年に完済した分も含めて過払い金を請求できる可能性があります。

このように過払い金の返還請求といっても縛りはあり、契約ごとに詳しく専門家が見る必要があります。
時効があるものなので、消費者金融にお金を借りて、長年返済をしてきた方は、
お早めに法テラス、市役所等の法律相談にてご相談することをお勧めします。

更新日: