弁護士費用も請求できるのか

弁護士費用は過払い請求を行ううえで、最も頭が痛い費用です。
もちろん個人でも過払い請求はできるのですが、裁判をするうえで弁護士の存在はとても頼もしいので、ぜひとも弁護士に頼みたいという方は多いと思われます。
とはいえ、返還されたお金の20%前後が費用としてかかってくるとかんがえると、少し迷ってしまうでしょう。

考えてみれば、過払い金請求は「払わなくてもいいお金」だったんだから、本来だったら金融会社がそんなお金をとっていたのが原因といえます。
ですから、こちらが弁護士を立てるのは金融会社の責任とも考えられますので、金融会社に弁護士費用も請求できると考えている方もいらっしゃるかもしれません。

確かに考え方自体には間違いはないのですが、ここで問題となってくるのは「金融会社が違法行為をしているか」という点になります。
金融会社が違法な金利を皆さまに課していて、過払い金を多く取っていたとしたらそれはもう違法行為です。
そのため、過払い金請求というよりも「損害賠償請求」に近い訴訟となりますので、弁護士費用を請求することも可能になります。

しかしながら、過払い請求をする場合、金融会社は法律通りの金利設定にしているのです。
もう一度思い出して欲しいのですが、そもそも過払い金というのはどうして発生していたでしょうか。
過払い金は法律で定めていい金利の数値と、実際に利用者が払わなくてはならない金額に差があるために発生しています。
そのため、別に金融会社が違法行為をしているために過払い金が発生しているのではないのです。

そのため、残念ながら弁護士費用の請求はできないと考えられます。
もちろん、金融会社が違法行為をしていて、不当な被害を被ったというのでしたら話は変わってきます。
詳しくは弁護士に相談するときに質問してみることをおすすめします。

更新日: