弁護士費用はいくらかかるの?

弁護士費用がいくらかかるかという正確な金額はお答えできません。
過払い請求して戻って来た金額によっても変わりますし、弁護士によっても異なってくるのです。
こちらでは、どういったことに弁護士費用がかかってくるのかについて説明します。

・着手金
着手金とは、弁護士に依頼した仕事に着手されるときに支払うお金です。
つまり、仕事を始めてもらうために払うお金です。
着手金をとっていない弁護士もいますが、相場としては大体1万円〜3万円となっています。
この着手金は仕事の成功の如何にかかわらず必ず払うお金となっています。

・成功報酬
依頼した仕事に弁護士が成功した報酬として支払うお金です。
過払い金請求の場合、請求した会社の数によって金額が変わってきます。
大体1社成功するごとに数万円を払うということになります。

・過払い金報酬
過払い金請求の仕事を依頼した時に、最もメインとなってくる費用です。
金融会社から返還された過払い金によって、支払う金額が異なってきます。
相場としては、変化なんされた金額の約20%前後のお金を弁護士に支払うことになります。
つまり、過払い金が多ければ多いほど、弁護士に払う金額も多くなっていくのです。

以上が過払い請求をした際に弁護士に払う費用となっています。
ただ、金額設定は弁護士によって違いますし、成功報酬を過払い金報酬の一部としている弁護士もいたりと様々です。
大体、どの事務所でも相談だけでしたら無料となっていますので、その相談するときに費用についてもいくらくらいになるのかをあらかじめ聞いておいたほうがよろしいでしょう。

更新日: